トンカットアリのテストステロン効果

トンカットアリは、テストステロンの働きを整え、男性機能の低下を回復させるを力を持っていると言われています。

トンカットアリは、現在でも多くの実験や研究が行われており、身体に様々な効果があると確認されています。
その要因は、トンカットアリに含まれる成分にあることがわかっています。

トンカットアリの主な成分

トンカットアリの天然の成分が優秀なのは、アルギニンを吸収しやすくするビタミンB6、亜鉛など、バランスよく含まれて点です。

アルギニン成長ホルモンの分泌を促し、基礎代謝力を上げる
亜鉛亜鉛は細胞分裂や免疫力,抗酸化や生殖などの働きを持つミネラル。
グリコサポニン全身の代謝を促す効果と細胞分裂を活発化させる作用があります。
ユーリペプチド脳の疲れや体と筋肉の疲労回復作用があります。
カシノイド抗腫瘍性や抗癌性に作用があるとされて研究段階です。
アルカロイド脳へのリラックス効果や、血液循環を整える作用があります。
ステロール植物ステロールはコレステロールの吸収を抑え、血中の悪玉コレステロールの割合を下げる作用があります。
テルペノイド植物性テルペノイドには抗菌作用や抗腫瘍作用があります。

トンカットアリの主成分の中で有効成分のユーリペプチドが20%以上とグルコサポニンが30%以上が含まれています。

ペプチドは、アミノ酸がつながってできた分子の系統群

サポニンは、植物の根、葉、茎などに広く含まれている配糖体の一種

いずれも疲労が回復やコレステロールを除去したり、血流を改善するなどの効果があります。

これらがバランス良く含まれていることでテストステロンを整える力を出してくれます。

テストステロンは最も活性の強い男性ホルモンです。

テストステロンの中の遊離型テストステロンが精力アップに

テストステロンの中で、精力的な作用をするのは遊離型テストステロンです。

日本人男性では遊離型テストステロンは、活性型のホルモンでテストステロン全体の1~2%を占めます。

つまり精力アップには、テストステロンを多く摂取するのではなく遊離型テストステロンを摂取する事が精力アップには効果的です。

遊離型テストステロンと関連する成分がビタミンDとアルギニンであることが研究の結果からも分かっています。

トンカットアリが遊離型テストステロンの働きを向上させる実証データが報告されています。

遊離型テストステロンは、テストステロン全体の1~2%を占めていて加齢男性性腺機能低下症候群の診療の手引きでは、遊離型テストステロンが8.5pg/ml未満なら男性ホルモンが明らかに低いと判断しています。

さらに遊離型テストステロンとアルギニンで効果が高まることが分かっています。

テストステロンの低下が男性機能の低下を招く

男性ホルモンのバランスが崩れるとテストステロンの分泌に影響がでてしまい、テストステロンの低下につながります。

テストステロンは20代をピークに減少を続け、50歳前後で急激に低下します。

テストステロンは精巣、睾丸、と副腎において生まれます。
年齢の増加に伴いテストステロンは低下していきます。
テストステロンの低下によって起こる性機能症状をLOH症候群とされています。

テストステロンの減少LOH症候群)は、健康感への不安、いらいら、うつ、不眠、集中力の低下、性欲の減少などが現れます。
身体の症状では、筋力低下、疲労感、頭痛、性機能低下、頻尿、朝立ちの消失、などが現れます。

さらに、高血圧、糖尿病、がん、心血管疾患、など死亡率が高くなります。

テストステロンとは、男性ホルモンの一種です。

テストステロンは、ステロイドホルモンの一つのアンドロゲンに属しています。

ステロイドホルモンとは脊椎動物に作用するホルモンで結合する受容体により5種類に分類する

糖質コルチコイド
鉱質コルチコイド
アンドロゲン
エストロゲン
黄体ホルモン

アンドロゲンとは、
生体内で働いているステロイドホルモンのひとつです。男性ホルモンとも呼ばれています。
アンドロゲンは精子形成の維持に関与し副生殖器の発育および機能を促進する。

アンドロゲンには、
テストステロン
ジヒドロテストステロン (DHT)
デヒドロエピアンドロステロン (DHEA)
と分類されています。

テストステロンが高いと健康長寿につながる影響が報告されています。